企業の業績は従業員のモチベーションに左右される!

企業の業績アップにはモチベーションコントロールが重要

リーダーや上司として求められる能力

部下のモチベーションを適切にコントロールすることも、リーダーや上司の重要な役割の一つです。人間は一人一人性格も違うので、その人に合った言葉選びをする能力は強く求められています。

資格取るなら通信講座と通学どっちがベスト?利点を比較

仕事との両立がしやすい通信講座

通信講座で資格取得を目指すメリットは多いです。自宅で勉強をすればいいだけなので、時間的な都合が付けやすいのが一番のメリットとなります。仕事との両立も楽になるので、社会人でも難関資格にチャレンジできます。

本格的な勉強ができるのが通学の魅力

通学をすると、より本格的な勉強ができるようになります。独学では分からない部分が出てきたときに困ってしまいますが、通学ならプロの講師に直接質問をして疑問点を潰すことも可能になります。

企業の業績は従業員のモチベーションに左右される!

男性

公認モチベーション・マネージャー資格とは

公認モチベーション・マネージャー資格というのは、自身や部下のモチベーションをコントロールして、業務効率をアップさせるために役立つ資格です。
この資格があれば理論と実践の両面から適切な動機付けができるようになるため、仕事が上手くいく可能性が高まります。モチベーションをアップさせるスキルはどの業界でも無駄になることがないため、語学系やビジネスマナー系の資格と同様に大きな武器として使っていけます。

公認モチベーション・マネージャー資格の学び方

Basic資格を目指す場合は、テキストを使った自己学習になります。申し込みをするとテキストが送られてくるので、それを使って自宅にて学習を進めていきます。その後、試験に合格をすれば資格が取得できます。
より上位のAdvanced資格には認定コースというものも存在しています。こちらは講義を受けた後、レポートと小テストの提出を繰り返していくだけで、試験を受けずに資格取得が果たせます。

試験の詳細

Basic試験は、マークシート方式を採用しています。全部で70問ありますが、試験時間が90分と短く、五者択一方式になっているため難易度は高めです。
Advanced試験は記述式と論述式を採用していて、論述式の問題においては、長文での解答も求められることがあります。こちらも試験時間は90分と短めなので、難易度はかなり高くなっています。

広告募集中